情報 - DPVR が世界初の「5G Edge Cloud Powered」オールインワン VR ヘッドセットを発売

DPVR-世界初の 5G-Edge-Cloud-Powered-All-in-One-VR-Headset を発表
DPVR は、初の 5G Edge Cloud Powered ポータブル VR ヘッドセットの発売により、最先端の VR ヘッドセット技術に引き続き注力します。

DPVR は、初の 5G Edge Cloud Powered オールインワン ポータブル VR ヘッドセットの発売により、最先端の VR ヘッドセット技術に引き続き注力します。 2017 年 11 月、広州の PWTC Expo (Poly World Trade Center Expo) で第 5 回 China Mobile Global Partners Conference が開催されました。チャイナモバイルと約200社の有名企業がイノベーションにおける成果を展示し、モバイルインターネット、インテリジェントIoT(モノのインターネット)、スマート政府と企業、スマートホーム、5Gについてそれぞれ10以上のシンポジウムを開催しました。

DPVR は、VR HMD (ヘッドマウント ディスプレイ) の開発を専門とする China Mobile 5G Innovation Center のパートナーとして、この会議で「エッジ クラウド VR」技術の最新のアプリケーションを紹介しました。 DPVR による 5G エッジ クラウド搭載のオールインワン VR ヘッドセットを装着すると、PC VR ゲームのスムーズな体験が実現します。武漢の FireGame が開発した Iron Soul は、展示会でテスト用に入手できました。

DPVR-世界初の 5G-Edge-Cloud-Powered-All-in-One-VR-Headset-with-demonstration を発表

China Mobile Research Institute の VR プロジェクトの専門家である Li Ke 氏は、China Mobile Research Institute は DPVR と協力して、エッジ コンピューティング ベースのカスタム オールインワン VR ヘッドセットを発売したと述べました。これは、ハードウェア コストが大幅に削減され、5G エッジ ネットワークを採用して VR レンダリングとコンピューティング速度を向上させることでユーザー エクスペリエンスが最適化されたためです。

 

このシステムは最先端の GPU 仮想化技術を採用しており、単一のサーバーで同時に複数ユーザーの VR サービスをサポートします。 MEC (モバイル エッジ コンピューティング) アーキテクチャの導入により、VR レンダリングは通信エッジ ネットワークに引き下げられ、ネットワーク レイテンシを削減しながら画質を向上させます。

 

さらに、ネットワーク レンダリングの特性を考慮して、DPVR の研究開発チームはオールインワン ヘッドセットに特別な最適化を適用しました。 ATP (非同期タイム ワープ) のアルゴリズムとフロント バッファー レンダリングのテクノロジを採用して、モーションからフォトンへの遅延を最小限に抑えて、ネットワーク送信用のコンテンツを画面に送信します。このテクノロジーは、遅延と帯域幅の影響を回避し、仮想現実の病気を軽減できます。

 

Gartner が 2017 年に発表した Emerging Technologies の Hype Cycle によると、今後数年間で、ゲーム、ビデオ、ライブ放送の分野で VR の適用が拡大するでしょう。エッジ クラウド VR は、コンテンツへの高速アクセス、低価格、VR の普及を可能にします。エッジ クラウド VR は、将来の VR 業界のトレンドを設定します。

何か質問がある?

もっと
記事